本文へスキップ

薬膳カレーらの音は、神戸王子動物園前から発信する、からだにやさしく食べやすい薬膳カレーの専門店です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-855-7123

〒657-0837 神戸市灘区原田通1-2-15

コンセプトconcept

コンセプト

店内イメージ


薬膳カレー「らの音」は、神戸王子動物園前から、新たに発信する。薬膳カレー専門店です。体の中から、美しく健康にをコンセプトに、食べるサプリメントとして、どこか懐かしくて、初めて味わう未知の味を皆様に、、、という思いを込めて作られたオリジナルカレーには、実に48種類のインドから直輸入の香辛料と、高麗人参や、余甘子といった漢方をブレンドし、日本人の味覚に合わせたカレーとして、ジャガイモやニンジンといったインドのスパイスカレーにはない馴染みやすさで、老若男女問わず、多くの人に味わっていただけるカレーにこだわりました。


カレーのとろみへのこだわり

料理イメージ

ご家庭でお作りになるカレーは、とろみが出るほどにしっかり煮込んで、特に二日目、三日目のカレーが美味しいなんて言われます。ただいくらカレーが大好きでも二日も三日もカレーが続くと、胸やけや、胃もたれなんかをしてそんなに食べられない・・・という経験はございませんか?
何故、そのようなことが?
それには、ちゃんと理由があります。
それは、ご家庭でつくられるカレーは、よっぽどお料理がお好きな方以外は、大抵、市販のカレールーや、スパイスパウダーなんかをご利用されてるはずです。
手軽に美味しくいただける市販のカレールーですが、多くの製品にはルーを固めるのに小麦粉を使用しています。煮込んで煮込んで鍋をお玉でかき混ぜるごとにしっかりとろみがついてコクが出て美味しいルーですが、この小麦粉が胃もたれや胸やけを起こす原因の一つです。
「らの音」のカレーには、そのため小麦粉が使われてません。その為、サラっとしたカレーに仕上がってますがしっかりコクと風味を兼ね備え、むしろとろみが出だすとお客様への提供を致しません。


スパイスへのこだわり

食材イメージ

「らの音」のカレーに使われるスパイスは、インドからの直輸入。その為、台風や天候に影響されます。
その為、大量生産が出来ず。早々お店を閉める事も、オープン当初ありました。


店舗イメージ

shop info.店舗情報

薬膳カレーらの音

〒657-0837
神戸市灘区原田通1-2-15
TEL.078-855-7123
FAX.078-855-7129

inserted by FC2 system